肌が黄ぐすみ状態になっている

肌が黄ぐすみ状態になっている

朝の洗顔後、ふと鏡で自分の顔を見てみたら「首から上下に肌の色が違うーーー!」と気付いた瞬間、凍りつきました。日焼け?・・・嫌、これはちょっと違う。

 

顔が黄ばんでいて、しかもくすみ肌になっているのです。こういう肌の事を巷では「黄ぐすみ肌」と言います。今までと同じファンデーションなのに顔に塗ると色が暗くなる方は要注意ですよ。

 

ファンデーション

 

黄ぐすみ肌は改善するのか?

 

日本人は黄色の肌だからとか加齢によるものだからと諦めてはダメですよ。年をとっても透明感のある肌になる事は十分可能です!

 

肌の黄ばむ原因とは?

 

肌が黄ぐすみになるのは、「糖化」と「カルボニル化」が原因です。

 

  • 糖化=糖+真皮のタンパク質が結合
  • カルボニル化=脂質分解物+真皮のタンパク質が結合

 

わかりやすく言うと、肌の奥深いところにある真皮のタンパク質が糖や脂質分解物と混ざり合う事で、黄ぐすみに変色して肌の表面に透けて見える状態です。

 

「糖化」や「カルボニル化」は、加齢によるものだけでなく、いい加減なスキンケアや紫外線対策、喫煙や睡眠不足なども関係してきます。糖化なので甘いものを沢山食べている方も注意が必要ですね。

 

黄ぐすみ肌のスキンケア方法

 

黄ぐすみ肌を含めた肌トラブルの大半は、肌の乾燥からきています。紫外線も喫煙も睡眠不足も、行きつくところは、肌の乾燥ですからね。

 

肌トラブルをなくし、肌を健やかに保つには、とにかく肌を乾燥から防ぐことが大切です。スキンケアで乾燥対策をするには、保湿に力を入れた基礎化粧品を使うといいでしょう。⇒乾燥撃退!ラ・ミューテの保湿・美肌セット

 

その他、30歳以上の女性は肌機能も衰えてくるので美容サプリや美容ドリンクなどで補ってあげるといいですよ。コラーゲンとかヒアルロン酸とか足りない美容成分いっぱい出てきます。

 

美容サプリについてもっと知りたい方はコチラ。
美容成分、自分には何が不足している?サプリ紹介

肌トラブル別のスキンケア

美容サプリですっぴん美人