ほっぺたが赤い

ほっぺたが赤い

漫画に出てくる子が頬を真っ赤にしてる姿は、可愛らしいですが、いい大人がほっぺたを真っ赤にしてると「田舎もの!?」と恥ずかしくなってしまいますよね。

 

冬になるとどうしても頬が赤くなってしまいます。程良くほんのり赤いならいいのですが、真っ赤すぎるのは考えものです。

 

冬でもほっぺたが赤くならない方法を紹介しますね。

 

赤ら顔にならない方法とは?

 

頬の赤みの原因は、毛細血管が拡張するからです。寒いところから暖かいところへ行く事で、肌表面の毛細血管が拡張したり収縮したりを繰り返します。そうすると、拡張したまま元に戻らなくなって顔の表面が赤くみえてしまいます。

 

赤ら顔の改善方法

 

まず、あまり気にし過ぎないことです。赤ら顔だと恥ずかしいという気持ちになって顔を隠したがったりメイクで誤魔化そうとしますが、これではいつまで経っても赤ら顔は解消しません。

 

赤ら顔には肌への軽い刺激がおすすめです。叩くではなく「さする」程度でOKなので、肌を刺激してあげるといいです。化粧水をつけたあとは、浸透力も深まり一石二鳥です。

 

それとやっぱり温度差があるところへの行き来をなるべくしない・・・というのは無理なので、体を冷やさないように工夫したりエアコンにも気をつけたいですね。

 

この他に頬が赤くなるケースにニキビによるものがあります。ニキビにはニキビケアの化粧品があるのでスキンケア方法を変えていくのがおすすめです。

 

あなたは自分の肌質に合ったスキンケアを行っていますか?
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
肌質別のスキンケア方法はコチラ。

肌トラブル別のスキンケア

美容サプリですっぴん美人